介護保険制度のしくみとサービス

介護保険制度について

介護保険制度

介護保険制度の給付を受けるためには、特定疾病にあたる病気の方で要介護認定を受けた方が対象となっています。 ここでいう特定疾病とは、40歳から64歳の人(第2号被保険者)で、下記の特定疾病一覧に該当する病気の方が要介護認定

介護保険制度の仕組み

老後の不安要因として一番に考えられるのは、介護が挙げられると思いますが、その介護を皆で支える仕組みが介護保険という制度です。 これまでの介護は家族、その中でも特に女性が支えている介護でしたが、この介護保険制度は社会的な仕

介護保険制度の概要

介護保険の成り立ちについて・・・ 現在日本の高齢化は例のない速さで進んでいると言われていて、2025年には65歳以上の割合が総人口の14%以上にもなると言われています。 寝たきりになったり、介護を必要とする方が増加し、長

要介護認定と介護サービス給付

介護サービスを利用するためには、それを利用する方が要介護者であるかどうかを認定される必要があります。 要介護度審査は、認定調査を保険者(調査員)が行い、その結果とかかりつけ医の作成する意見書を基にして、認定審査会によって

介護保険改正の内容

介護保険改正の内容を以下に記しておきます。 ◆事業の内容によって、事業者を選ぶ際の指定先が都道府県または市町村による指定となります。 ・都道府県の指定の場合 居宅サービス・居宅介護支援・施設サービス・介護予防サービスなど

介護保険と生活保護の関係

生活保護の種類を挙げますと、「生活扶助」「教育扶助」「住宅扶助」「医療扶助」「介護扶助」「出産扶助」「生業扶助」「葬祭扶助」と、合計8種類あるのですが、これらのうち介護保険と関係があるのは生活扶助と介護扶助になります。
 
シトルリンΩ シーフコイダン リセ 二重 柑気楼 通関士 トゥルースリーパー
介護保険制度のしくみとサービス TOPへ 介護保険制度について