訪問介護とリハビリテーション

訪問介護とリハビリテーション

●訪問看護

訪問看護とは、ホームヘルパーなどが要介護者や要支援者の自宅へ訪問をして、日常生活上の世話(入浴・食事等の介護、調理・洗濯・掃除等の家事、生活等に関する相談・助言、など)を行うサービスの事をいいます。

・身体介護
利用者の体に直接触れる形で行う介助サービスのことで、食事介助、清拭、入浴、などがあります。
日常生活を送る上で、必要となる機能向上の介助サービスや助言を行います。

料金は、30分未満2,310、30分以上1時間未満4,020円、1時間以上1時間30分未満5,840円と設定されています。

・生活介護
日常生活の援助(掃除、洗濯、調理など)を行います。
料金は、30分以上1時間未満 2,080円、1時間以上1時間30分未満 2,910円に設定されています。

・乗降介助
通院をする際の乗車や降車の際の介助を行います。
料金は基本1,000円ですが、夜間(18時~22時)早朝(6時~8時)は25%増し、深夜(22時~6時)は50%増しと設定されています。

介護保険を利用する場合、利用者の負担は1割と設定されています。
介護保険の介護サービスを利用する際は、居宅介護支援事業所に相談して介護サービス計画を作成してもらってくださいね。

●訪問リハビリテーション

介護保険における訪問リハビリテーションとは、利用する方の自宅に病院・診療所の理学療法士・作業療法士が直接訪問をして、日常生活の自立の為に必要なリハビリテーションをサポートするサービスです。

これにより、心身の機能の維持回復をも図る事が可能となりますし、自宅から移動しないことにより、利用者への負担も大きく減ると思われます。

訪問リハビリテーションを利用できる対象者は、病状が安定期、在宅で医学的管理下のもとリハビリテーションが必要、と主治医が判断した要介護者や要支援者が対象となります。

訪問リハビリテーションを利用する標準的なサービス料金は、1日に付5,500円です。サービス料金の1割を利用者が負担をします。
残り9割は介護保険からまかなわれます。

事業所によってはサービスの内容によって料金が割り増しになる場合がありますので、利用前にはよく調べた上で利用するよう注意してくださいね。

また、ADLの自立性の向上のための理学療法または作業療法を、理学療法士又は作業療法士が行った場合は、1日につき500円かかります。
但し、病院等の退院(所)の日から6ヶ月以内に限りますのでご注意ください。

訪問リハビリテーションを利用する際の手続きですが、ご自身の主治医によく相談をして、介護サービス計画をケアマネージャーに考えてもらい作成します。
作成には、居宅介護支援事業所に相談をする事をお勧めします。

 
介護保険制度のしくみとサービス TOPへ 介護保険のサービス 訪問介護とリハビリテーション