介護保険施設

介護保険施設

介護保険施設とは、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保険施設(老人保健施設)、介護療養型医療施設(療養型病床群等)の3種類に分かれていて、都道府県知事が指定している介護施設の総称のことを言います。

この介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)は、要介護認定を受けた方以外は利用することができませんので、注意してください。

●ケアハウス

ケアハウスというサービスがありますが、これは医療法人や公益法人、農協にも運営が認められている施設です。

軽度の障害認定がある方、または一人で生活する事がちょっと不安で、家族による援助が困難な方々が対象となっています。

最近とくに増えているこのケアハウスは、次に説明する軽費老人ホームの一形態です。

●軽費老人ホーム

軽費老人ホームとは、老人福祉法に基づき、食事や入浴などの生活に関するサービスを提供する施設の事を指しています。
無料または低価格の料金で高齢者が入所する事が出来ます。

老人ホームの主体者は地方公共団体および社会福祉法人で、利用方法は入所者と経営者との契約により決定されます。

●介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、有料老人ホームの分類に分けられる施設の一つになります。
介護サービスや、食事サービスなどのサービスが供給される高齢者向けの居住施設の事を言います。

この施設は、各都道府県から指定を受けると認められる施設です。
もし、介護が必要になったとしても、介護保険で給付されている居宅介護サービスを受ける事が可能となっています。

この各都道府県指定を受けていない施設については、「介護付き」と表記する事が出来ませんのでご注意ください。

●健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームとは、有料老人ホームの種類で、食事などのサービス提供が付いた高齢者向けの居住施設です。

介護付き有料老人ホームと違うところは、もし、要介護者になり介護が必要になった場合は、契約を解除してホームを退去しなければならないという事です。

 
介護保険制度のしくみとサービス TOPへ 介護保険のサービス 介護保険施設