介護予防給付について

介護予防給付について

介護保険の介護予防給付について説明します。
平成18年4月の介護保険制度改正にともない、要支援の方を対象として介護予防給付(介護予防サービス)が始まりました。
自治体によっては、サービス実施時期が違っているところもあります。

この制度改正の変更点は、年々増える介護給付費に対し、健康な方が介護状態にならないように「予防」を重視しようとしている点です。

また、現在介護状態にある方も、現状以上に悪くならないように「予防」が重視されるような制度に変わっていきます。

今後は、サービス内容の見直しに加えて予防給付もメニュー化するようになっていきます。

・運動機能の向上

運動機能を向上することにより、転倒による骨折での怪我や、体を使っていない事による筋力低下を防げるようになります。
また運動をする事により、精神的にもリフレッシュすることができるようになります。

トレーニング方法は、運動する方の身体状況に合わせてプランを作ります。
これにより、介護状態の改善を図ることが出来るようになります。

・栄養改善

一般にカロリーを抑えるような食生活を必要とするのは若い時期の場合で、高タンパク、高コレステロールが指摘されます。

逆に、高齢期では食事の好みも変わってきますし、栄養摂取も低くなります。
その為ちょっとした病気がきっかけで衰弱してしまったり骨折してしまったりして、体力が落ちてしまう方が多いです。

これらを防ぐために食事内容を改善したり、食べ方や食習慣を改善したりして予防していくようにします。

・口腔機能の向上

肺炎の原因(特に高齢期の方)として多いものに、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)というものがあります。

原因としては、食べ物を飲み込むときに気管や気道に誤って食べ物が入ってしまい、その中に潜んでいる細菌によって肺炎になってしまうことです。

よって、口腔内を常時清潔に保つ事で、こうした病気を防いだり自分の歯でいつまでも栄養を摂取する事が可能になります。

 
介護保険制度のしくみとサービス TOPへ 介護保険のサービス 介護予防給付について